盗聴器調査の調査内容とは

誰にでも簡単に手軽に手に入れることができるようになってきた盗聴器。設置も非常に簡単になってきているようで、それに伴い盗聴器を原因とする被害も多数報告されている昨今です。また盗聴器は身近な人に設置されていることも多く、身近な人に相談することがかえって危険になる場合もあります。従って探偵社や興信所に盗聴器調査依頼が増えてきているのが現状です。調査依頼を受けた探偵社や興信所は特殊なと盗聴器発見器]を用いて、市販されているようなレベルの盗聴器の有無を30~40分程度の調査を行います。さらに本調査として精工に改造された盗聴器等をターゲットとします。2時間程度の時間を要するのようです。しかし、いずれの調査も調査範囲により要する時間も異なってきます。調査依頼者のご自宅のみならず、近所の電柱、電話回線に盗聴器が設置されていることもあります。場合によってはNTTや地域の電力会社の協力を仰いで広範囲に調査を行うこともあります。これら調査により発見された盗聴器は最終的に撤去することになりますが、どこにどのように設置されていたかを調査報告書として調査依頼者に納品されます。