探偵業務管理者検定の合格率

探偵業務管理者検定の合格率は、公表されていません。試験は、筆記試験が2時間以内で択一式約50問となっていて、95%以上の正解が求められます。探偵業法と消費者契約法、特定商取引法、個人情報保護法などの関連法令の中から出題されるので、範囲が広く、しっかり勉強しなければなりません。事業者の内部管理の体制強化や適切な営業活動を促進するために行う検定なので、管理者向けの資格になります。探偵業務の運営の適正化を図り、個人の権利利益の保護のためには、探偵業務に従事する者の知識と能力を向上させる必要があります。探偵業務管理者検定が設立されたのは、そうした中にあって、違法や不正な行為の防止を啓発するためであり、業界の健全化を図るためです。関連する各種の法令諸規則等に関する正しい知識と深い理解を有するものに与えられる資格で、内部管理体制強化と教育指導や適切な営業活動を行うために、協会が認定もしくは検定試験に合格したものに付与されます。この検定試験は、探偵運営事業の管理職向けの試験で、調査員が適切な営業活動ができるよう管理する能力について審査をします。